Home  >  事業紹介  >  ナノテクノロジー事業

事業紹介/ナノテクノロジー事業 Nanotechnology Division

次代を担う新素材で、新しい明日を拓く。

炭素は人類が古代から現代まで親しんできた材料です。
近年ナノカーボン(ナノサイズの炭素材料の総称)の研究が進むにつれ、その無限の可能性が明らかになり「21世紀はナノカーボンの時代」と言われています。
GSIクレオスは、戦略事業としてナノテクノロジーの研究に力を入れており、ナノカーボン応用開発の先駆者として、様々な分野での製品化、事業化を推進しています。

カーボンナノチューブの先端的な応用開発を実現。

カルベール®
走査型電子顕微鏡画像(左)
高分解能透過型電子顕微鏡画像(右)

GSIクレオスは、ナノカーボンの代表的な材料であるカーボンナノチューブ(CNT)「カルベール®」の先端的な応用開発を行っています。これまでの研究により、「カルベール®」は機械的強度、導電性等の機能付与において優れた性質が現れることが明らかになっています。私たちはこの新材料の開発拠点としてNCDC(ナノカーボン開発センター)を設立し、産学官連携による開発を進め、複合材料、塗料等の分野においてすでに実用化に成功。カップ積層型カーボンナノチューブ(CSCNT)といわれる特異な形状の特徴を活かし、GSIクレオスが独自開発した技術により、様々な分野で成果をあげています。

[ ナノテクノロジー事業の事業領域 ]

塗料関連

カルベール®充填高強度複合塗料膜
カルベール®充填塗料で塗装した
測定器搭載の深海探査機「おとひめ」

厳しい環境にも耐えうる最高レベルの塗膜を開発。
防錆、耐衝撃や耐摩耗等の主要物性指標において、樹脂系では最高レベルの塗膜性能を達成。沿岸、海上等の重防食地域や過酷な環境下での表面処理材として採用が進んでおり、化学プラント、発電インフラ、船舶や海洋観測機器等への適用により超長寿命構造物を実現し、画期的な省エネルギー、省資源に貢献します。

燃料電池関連

触媒貴金属担持体カルベール®
触媒貴金属担持体カルベール®

貴金属量の大幅な低減や耐久性のさらなる向上を。
燃料電池電極の技術課題は、「触媒貴金属量の低減」や「触媒耐久性の向上」と言われています。独自技術によるCSCNTの改質によりこれらの諸課題を解決し、次世代エネルギーの本命である燃料電池の市場拡大に貢献します。

複合素材関連

カルベール®充填プリプレグ使用ゴルフクラブ
カルベール®充填プリプレグ使用
ゴルフクラブ

CFRP(炭素繊維強化樹脂) の性能を約30%向上。
独自技術でCSCNTをCFRP内へ高分散し、従来比約30%の機械的性能向上を達成。独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)様と行った共同開発の成果の一端です。特許化されたこの技術は、自転車、ゴルフクラブ、テニスラケット、釣竿等のスポーツ分野を中心に採用が進んでいます。今後はさらなる高強度、高弾性部材の開発により、エネルギー分野、高速輸送インフラへの貢献をめざします。

カルベール®

工業製品として扱ってきたひとつの製品から
1990年代後半にスタートしたナノテクノロジーへの取り組みは、工業製品事業で取り扱っていたCVD(気相合成)装置との出会いから始まりました。CVD法により合成されるカーボンナノチューブ「カルベール®」は、炭素網からなるコップを重ねたようなユニークな形状をしており、研究開発の過程でその優れた特徴が次々に明らかになっています。

担当部門:ナノテクノロジー開発室お問い合わせ

Page Top

事業紹介

  • 繊維事業
  • 工業製品事業
  • ナノテクノロジー事業
    • カルベール®のご紹介
2012 © GSI Creos Corporation