カーボンナノチューブ(CNT)は、ナノサイズ(1nm=1mmの1/1,000,000)レベルのチューブ状カーボン(炭素)繊維です。カーボンは金属に比べとても軽量ですが、金属以上の導電性や熱伝導性、硬さ、柔軟性を併せ持っており、あらゆる分野での産業応用が期待され開発が進められてきました。
しかしナノサイズゆえに分子同士の引き合う力が強いこと、さらに微細で長さのある繊維形状のために絡まりやすく、強く凝集してしまうことから、CNTの優れた性質を引き出すためには高い技術的なハードルがありました。

 

当社では凝集したCNTをほぐす独自技術の開発に成功。CNTの優れた特長と独自の分散技術を駆使し、多くの製品化に成功しており、様々な製品を国内外へ送り出しています。

用途のご紹介

塗料関連

防錆、耐衝撃、耐摩耗などで、樹脂系では世界最高レベルの塗膜性能を達成。すでに世界的に特許が成立しており、日本ではJIS(日本産業規格)化されています。国内外の沿岸、海上など過酷な環境にある石油・ガスなどの化学プラントや発電インフラ、船舶、海洋観測機器などへの表面処理材として採用が進んでおり、それらの構造物の寿命を飛躍的に延ばすことで、画期的な省エネルギー・省資源に貢献しています。

燃料電池関連

当社CNTの独自構造を活かし、燃料電池電極の性能向上のために研究開発を行っています。
燃料電池電極の技術課題は、「触媒貴金属量の低減」や「触媒耐久性の向上」と言われています。当社特許技術によるCNTの改質によりこれらの課題を解決し、次世代エネルギーの本命である燃料電池の市場拡大に貢献します。

複合素材関連

炭素繊維強化樹脂(CFRP)の機械的性能を向上させます。
当社の独自技術を用いCNTをCFRP内へ良好に分散させ、従来材比約30%の機械的性能向上を達成。独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)と行った共同開発によって実現しました。
特許化されたこの複合体技術は、自転車、ゴルフクラブ、テニスラケット、釣竿などのスポーツ分野を中心に採用が進んでいます。また、スピーカー振動板の添加材として用いることで音速と減衰率という相反する性能を同時に高める事に成功。すでに自動車、テレビ、部屋置きスピーカーなどに採用されています。
今後はさらなる高強度、高弾性複合体の開発により、部材の軽・薄・短・小を実現する事で、環境負荷を低減し、エネルギー分野、高速輸送インフラへの貢献を目指します。

 

[お問い合わせ] ナノテクノロジー開発室 TEL 044-322-5595

有機エレクトロニクス向け高分子について

有機エレクトロニクス向け高分子材料を販売しております。以下のカタログをご覧ください。